MENU

子供のわきがに効果的な対策方法

子供のわきがは決して珍しくはない

わきがに悩んでいる人は、実はとてもたくさんいます。
一口にわきがと言ってもその症状はさまざまですが、わきがの人は年々増加傾向にあると言えます。
わきがは大人になると発祥ししてしまうというイメージを持っている人がいますが、決してそのようなことはありません。
小学生などの子供でもわきがが発祥してしまうことは決して珍しいことではないのです。
そして、年々増加しているわきがは大人だけではなく子供にも増えている傾向にあります。
日本人の場合は10人に1人は何らかのわきがの症状があると言われており、これは子供にも当てはまることだと言えるでしょう。

 

子供のわきがの原因とは

子供がわきがを発祥してしまう原因として、最も多いのが遺伝です。
わきがは遺伝に大きく関わっており、親がわきがの場合は子供もわきがになってしまうケースがとても多いと言えるでしょう。
また、わきがの症状は遺伝だけではありません。わきがの臭いの元となるアポクリン線と呼ばれている汗腺が大きく開いてしまうことが原因となりますが、このアポクリン線は基本的には思春期を迎えた頃に肥大していきます。
思春期を迎えていないにも関わらず、子供がわきがの症状を発祥してしまう原因は、昔よりも成長が早くなっていることや現代の食生活が大きく関わっていることが分かっています。
わきがの原因となりやすい食事として、欧米寄りの食生活があります。とくにジャンクフードなどの脂の多い食生活を続けていくことで、アポクリン線からわきがとなる臭いが出やすくなります。

 

子供のわきが対策に有効な方法とは

では、子供のわきがに有効な対策はあるのでしょうか。
わきがは手術治療を行うことで解消できますが、小さな子供からこのような手術を行うことは良いことではありません。アポクリン線は成長と共により大きくなりますので、手術を行っても成長と共に開いてくる可能性が高いと言えるでしょう。
有効な方法として、まずはわきがの臭いの元となる部分を清潔に保ってあげることが重要です。汗をかいた状態でいることでわきがの臭いはどんどんと酷くなっていきます。
殺菌効果などもあるデオドラント製品を有効に活用することが最も重要なポイントでしょう。
また、食生活も同時に考える必要があります。脂の多い食生活を続けるのではなく、野菜も上手に摂取するなどのバランスの良い食生活を行うことが重要です。
子供の頃のわきがの臭いはまだまだそれほどきついものではありません。できるだけ早い段階でこうした対策を実行することが大切でしょう。

このページの先頭へ